理事長挨拶
    【理事長のごあいさつ】



        白石市土地改良区
        理事長 佐々木 正 幸
 
 私ども白石市土地改良区(愛称:水土里ネットしろいし)のホームページ更新にあたり、ご挨拶申し上げます。
 本土地改良区は、宮城県南端白石市の南北一帯に拓けあた水田地帯で、白石市の水田面積の約半分を受益地とする区域であり、古来より干ばつ等により農業経営に苦慮してきました。
 戦後、食糧増産に向けて、従来にもまして農業用水の確保及び安定供給に専念し、組織的に総力を結集してきました。
 更に、昭和40年代初頭東北縦貫自動車道路建設計画が立案・施行されるや、未整備水田の解消を図るべく、関連事業として圃場整備事業を実施、これと並行し各種水利施設整備事業を展開、また、一部地域において東北新幹線補償工事として、基幹水利施設の造成を終了しました。
 既耕地の区画整理及びかんぱい事業として昭和45年に設立された旧福岡土地改良区と、昭和45年設立の旧白南土地改良区、同じく昭和47年設立の旧越河土地改良区が、水系・維持管理の方法等全く異なった条件のもとに昭和59年に新設合併を致した土地改良区であります。
 近年、末端土地改良施設整備事業を早急に実施し、生産性向上の基礎づくりを進めてきました。更に土地改良区の経営管理強化、経営基盤の確立、農業水利施設管理の一元化のための土地改良区統合整備を進め歴史ある旧白石市白石土地改良区を平成17年に吸収合併しました。
 合併に至るまでの間、行詰まりをきたしていたが、県当局並びに市の熱意と各土地改良区の役員が一致協力のもと、厳しい農業情勢への対応と経費の軽減を柱に関係組合員の説得に気力を持って対処し、土地改良区の合併に踏み切ることにより、関係組合員1,868名と関係面積955haにして平成17年4月1日付をもって合併の認可を得、総代55名、理事12名、監事3名により、発足に至ったのであります。
 また、今後の土地改良区に対し、新たな役割がもとめられている中、農業農村を次代に引き継ぐため役職員一丸となって業務運営に努めて参る所存でありますので、尚一層のご支援ご協力をお願い致します。
 今回、「21世紀土地改良区創造運動」の一環として開設したホームページで、多くの方々に活用して頂き、水土里ネットをご理解して頂きますよう重ねてお願い申し上げご挨拶といたします。


HOMEへ戻る   ページのトップへ戻る